ルールについて | 葬儀には気持ちの香典を~憂い事を優しく包む~

葬儀には気持ちの香典を~憂い事を優しく包む~

MENU

ルールについて

参加する格好

葬儀に参加する時は上下が黒色の服を着用します。
鮮やかな色合いの服装はマナー違反になります。
そのため葬儀に参加する時は、男性はスーツ女性はスーツか着物になります。
着物でも、柄は余りなく色も落ち着いている服を選ぶ必要があります。
もし、黒色の服がない場合は落ち着いている色の服なら問題ありません。
現在ではスーツだけではなく、葬儀用のシャツなども販売しています。

見た目

葬儀に参加する時に、女性は濃い化粧を行なうことはマナー違反です。
化粧をするなら薄化粧してマニキュアをすることはマナー違反になります。
また、アクセサリーを身に付けて参加することもいいですが、身に付けてアクセサリーは派手な色は駄目です。
一連のネックレスや黒珊瑚などのアクセサリーなら、身に付けて問題ありません。また、二連のネックレスになると「不幸が重なる」という意味があるため葬儀に身につけることは止めた方がいいでしょう。

参列する場合

参列するために、会場に入る手続きを行なう必要があります。
その手続きの際もマナーがあります。
受付を行なっている人にあいさつをして香典を渡します。その後に名簿に自分の名前を記入します。
記入が終わったら最後に礼をして会場に入ります。
また、会場に到着する時間帯は早めに着く方がいいでしょう。
それは葬儀に遅刻することは、とても失礼なことになるためです。
また、事情があり途中で退室する場合は焼香が終わったら静かに退室しましょう。
1つ1つにマナーがあるため、知識として取り入れる方がいいでしょう。